メニューを見るMENU

TOP / Namikiについて / Namikiを作る人 国光会

 

Namikiを作る人 国光会

「國光會(こっこうかい)」は、後に人間国宝となる松田権六氏を中心に1931年に結成された、蒔絵の創作集団です。
「國光會」という名称は、創業者並木良輔により「相撲が日本の国技であるが如く、
蒔絵は御国の光である」という意味で名付けられました。國光會結成における宣言文
現在も、松田氏の意志を受け継いだ社内外の蒔絵師たちが、各地で漆芸品の制作にあたっています。
そして、各々のNamiki作品には國光會および作家の銘が記されています。

作家銘一覧

  • 村田 百川

    雅号 百川

  • 二瓶 和男

    雅号 和男

  • 坂本 康則

    雅号 康則

  • 坂本 信子

    雅号 信彩

  • 浦出 勝彦

    雅号 勝彦

  • 道上 正司

    雅号 正司

  • 林 勝

    雅号 勝

  • 林 由美

    雅号 由美

  • 角 康二

    雅号 康二

  • 若林 衛

    雅号 衛

  • 佐藤 豊

    雅号 豊

  • 山田 満佐博

    雅号 満佐博

  • 関 美佐

    雅号 美佐

  • 千田 正樹

    雅号 正樹

  • 川口 倫史

    雅号 倫史

  • 遠藤 賀世

    雅号 賀世

  • 佐藤 真人

    雅号 真人

  • 古原 秀樹

    雅号 松沢

「蒔絵工房 NAMIKI」

神奈川県平塚市、パイロットコーポレーション平塚事業所内にある蒔絵工房は、
かつて旧第二海軍火薬廠として使用されていた、大正後期の煉瓦造りの建造物です。
歴史を伝える文化遺産としての価値をもつこの建物を、当時の様子を残しつつ改築を施し工房としています。

 

Namikiについてに戻る